近畿高等学校バレーボール優勝大会


7月20~23日、近畿大会(和歌山ビックホエール)が行われました。

京都からは、8校が出場しました。

最終日、4チームは、インターハイ出場校が揃いました。(開智、東山、大塚、市尼崎)

東山高校は、準決勝までは2-0で快勝し、決勝では惜しくも開智にフルセットの末破れ、準優勝。

準優勝…きっと、選手たちは、この準優勝という結果に満足はしておらず、今週末のインターハイでは、それぞれ悔しさをバネに、山形へ出発です!

あと、もうひとつ。

とても嬉しいニュースです!

『さわやか賞』を受賞いたしました。

この『さわやか賞』は、選手たちの立ち振舞いが、とてもさわやかで、気持ちよいチームに贈られるもの

出場校の中でダントツの評価を受けての受賞だったようです。

スポーツマンとして、バレーの技術、強さだけではなく、人として大切なことを日頃から、しっかり身に付けている選手たち…

この『さわやか賞』は、そんな東山バレー部の大きな魅力のひとつが、関係者の方に伝わっての受賞だと思います。

監督、選手たち、また日頃から支えられている保護者の皆様、受賞おめでとうございます。

         東山バレーボール教室スタッフ一同

最新記事
特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
ソーシャル